情報公開

■令和2年度 事業計画基本方針

~地域から必要とされ地域から支えられる社会福祉法人になるために~

昨年末から中国武漢市において発生した新型コロナウィルスにおける国内の混乱はいまだ収まる気配がありませんが、当法人では職員一同、利用者皆様の健康で安全な生活を守るための感染予防対策に万全な態勢で臨んでいます。一日も早い感染拡大が終息することを念じています。

さて、昭和46年に運営を開始した大阪府社会福祉事業団は、令和3年3月にいよいよ法人創立50周年を迎えることとなります。令和2年度はこの大きな節目にあたり、「Next Challenge 感謝の思いを胸に、次の50年へ」のキャッチフレーズのもと、これまで関わって下さった方々へ感謝を込めながら、次の50年も持続可能な法人経営を目指します。この為に、第二期中長期経営計画の策定を中心に「変革」をテーマに真の福祉を牽引できる法人となり得るよう検討を進めていきます。その中で、地域福祉の推進を責務としている私たちは、各事業の安定的な経営を求められるとともに、これから迎えるニーズの多様性時代に、制度では対応できないさまざまな生活課題に対し、いかに柔軟かつ迅速に対応していくことが、その存在意義を問われていくこととなります。
この50周年を迎える記念すべき年度に、私たちは「地域共生社会」の実現に向けて、今まで以上に地域の声に耳を傾け、必要とされる新たな支援を創造し、地域から必要とされ、地域から支えられる法人になるための取り組みを推進していきます。そして、その取り組みには、すべての職員がそれぞれの地域の中で皆様から認められ、愛され、それを働きがいに繋げられる好循環を生み出すことが重要であり、その意識変革を成し遂げたいと考えています。

令和2年度は、高槻荘のユニット化改修工事が竣工するとともに、昨年度から準備を進めてきました、豊中市における介護老人保健施設かがやきの事業運営の開始、介護福祉士養成施設及び日本語学校の開設に向けての準備、外国人技能実習生の受け入れなど、新たな時代に沿った幅広い取り組みをも開始します。

最後になりますが、4月からは高校新卒者を含めた多くの方々が新たに職員の仲間入りとなります。彼らが当法人に託してくれた長い人生が輝き続けるためには、現在の状況に慢心することなく、「将来のために、今、地域とともに何に取り組まなければならないのか」についての高い課題意識と「Next Challenge」という前向きな気持ちで、その答えを追求していく所存でございます。引き続き、当法人に関わるすべての方々のご指導ご鞭撻をいただきたく、何卒宜しくお願い申し上げます。




ページの先頭へ
〒562-0012 大阪府箕面市白島3丁目5番50号
電話:072-724-8166  FAX:072-724-8165