その人らしく、ここで…

新着情報

施設運営の基本コンセプト

1.地域に根付き、信頼される施設

高齢者総合福祉施設豊寿荘で長年培ってきた地域連携の重要性を深く認識し、地域に根付き、地域住民から信頼され、頼りにされることが誇りに思える施設であること。

2.住み慣れた千里の町で長く暮らし続ける

介護をうけながらも、自分らしい毎日を暮らし続けること。
家庭的な雰囲気の中で、入居者ひとりひとりの生活様式やスタイル、生活習慣を尊重する支援を提供すること。
病院ではなく、施設でもなく、もう一度住み慣れた家にもどり、在宅看取る選択に対しての、医療や在宅サービスと連携を支援していくこと。

3.地域の社会資源との連携

医療、福祉、学校、社会福祉協議会等の各種団体、民生児童委員会等の地域住民との連携により、地域包括ケアの実現に向けた取り組みを協働で行うという自覚。
そこに関わる人たちが集えること、「ほっ」と憩える居場所づくりとして提供できること。